2017-04-21 05:11:44

ポジティブ材料が目立つも上値を攻めきれない原油相場

<強気派も弱気派も決定打を欠く>
NYMEX原油先物相場は、3月22日の1バレル=47.01ドルをボトムに4月12日の53.76ドルまで急激な切り返しを実現したが、その後は調整売りで50~51ドル水準まで再び値位置を切り下げる展開になっている。1~2月の50~55ドルのコアレンジは回復したものの、そこから一気に55ドルの節目ブレイクを打診することは拒否した格好になっている。




もっとも、4月中旬の原油相場においては、何か大きなネガティブ材料が浮上している訳ではない。3月の原油相場急落を招いた米国内の原油在庫増加圧力についてはピークを確認する一方、国際エネルギー機関(IEA)などからは改めて需給均衡化見通しが示されており、寧ろポジティブ材料の方が目立つ状況にある。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国の協調減産、更には良好な需要環境を背景に、供給過剰が世界の在庫積み増しを促す流れにはブレーキが掛かる見通しであり、需給リバランスの進展(期待)という意味では、原油高が支持される基本環境に変化は見られない。




一応は、米原油在庫が予想されていた程に減少しなかった影響なども指摘されている。ただ、米エネルギー情報局(EIA)発表の原油在庫は2週連続で取り崩しが確認されており、昨年12月中旬以降の在庫積み増しトレンドには終止符が打たれた可能性が高まっている。今季は、例年と比較して製油所のメンテナンス作業明けが遅れたが、直近(4月14日の週)の製油所稼働率は92.9%に達しており、前年同期の89.2%を既に上回っている。ドライブシーズンに向けてガソリン精製に若干の遅れが見受けられる中、今後も高稼働状態が維持されることが、原油在庫の取り崩しを促す見通しである。




そもそも、原油と石油製品を合計した石油在庫全体では、2月10日の9億4,724万バレルをピークに、直近では9億1,828万バレルまで減少している。2月中旬の段階から既に在庫調整の動きは始まっており、問題は製油所メンテナンスの長期化が原油在庫と石油製品在庫のバランスを歪めたことだけだった。米原油在庫は依然として前年同期を2,500万バレル上回った水準にあるためにタイト感が浮上する余地までは認められないが、そもそも米原油在庫の積み増しを背景とした3月上旬の原油相場急落が必要だったのかが、疑問視される状況にある。




この辺の議論は、IEAも3月月報の段階で指摘していたものであり、米原油在庫の積み増し圧力に関しては、「国際需給リバランスの失敗」ではなく「製油所稼働の遅れに過ぎない」との分析は特に珍しいものではない。ただ、現実のマーケットが米原油在庫環境を背景に投機売りポジションを構築した以上は、安値是正には米原油在庫のピークアウト確認が必要不可欠であり、実際に在庫が増加から減少トレンドに転換し始めていることは、原油安の必要性を低下させることになる。




問題は、それにもかかわらず原油相場が上値を攻めきれない背景だが、やはりシェールオイル増産に対する警戒感とみて良いだろう。実際に原油相場が急落した3月上旬以降の投機マネーの動向をみてみると、3月14日の週に売りポジションは前週比7万9,575枚増の25万3,226枚と急増したが、その後は着実に残高縮小が進んでおり、直近(4月11日)では20万8,910枚に留まっている。本来であれば、こうした動きと連動して買いポジションが膨らんで然るべきだが、こちらも3月14日の68万7,026枚に対して、直近では64万5,953枚まで縮小している。すなわち、弱気の投資判断は誤りだったとの評価が広がる一方で、強気の投資判断を下している向きも油価上昇局面で早めにポジション整理に動いているのである。内部要因動向からは、50ドル台前半では先高観も先安観もない中立的な評価環境にあることが窺える。






<シェールオイルは増産幅を拡大中>
シェールオイルの生産動向に関しては、緩やかなペースでの増産トレンドが確認されている。EIAによると、今年1月に前月比で増産に転じているが、日量ベースでの前月比での増産量は1月4.4万バレル、2月9.6万バレル、3月7.5万バレル、4月10.0万バレルとなっており、5月は更に12.3万の増産が予想されている。1~5月分のデータで今後の展開を推計すると、10月には前月比で20万バレルを超える増産が実現し、12月には23.5万バレルが予想されることになる。実際にはそこまで単純な議論にならないが、現在と同じペースで増産幅が拡大していけば、その程度の増産圧力は想定しておく必要がある。




EIAの推計では、2017年の米産油量(シェールオイル以外も含む)は日量920万バレルが予測されており、前年比では30万バレルの増産になる。18年は990万バレルであり、こちらは更に70万バレルの増産になる。17年に30万バレルの増産は決して大きな規模とは言えないが、3月時点では18年の産油量は970万バレルが予想されており、油価上昇の影響に伴う増産圧力が18年に更に強まるリスクが、原油相場の上値を圧迫している訳だ。


ゴールドマン・サックスは50~55ドルのレンジにシェールオイルの増産加速ラインがあるとの予想を行っているが、マーケットもそれを意識してか、しないでかは不明だが、50~55ドル水準をマジックナンバーとして認識している模様だ。ここから更に上値を切り上げるタイミングは、需給リバランスの進展が確認でき、シェールオイルの増産ペース加速を許容できる需給見通しを構築できるようになった時になる見通しである。今後はその方向に展開が進むとみているが、上述のように強気派の投機筋が早めに買いポジションの整理に動いていることからは、現状ではそこまでの勢いはないということだろう。






<協調減産は期間延長の方向へ>
一方、足元ではOPEC加盟国・非加盟国の協調減産について、期間延長の是非を巡る議論が活発化している。5月25日のOPEC定例総会まで残された時間が限られる中、コンセンサス形成が急がれ始めているためだ。




ここで鍵を握るのは最大の減産量を負担しているサウジアラビアの動向になるが、ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は4月20日、減産延長の「コンセンサスができ始めている(consensus is building)」との見方を示した。現段階では「いかなる合意にも至っていない」としているが、アブダビで開催されている湾岸諸国の石油担当相クラスが出席する業界イベントにおいて、あらゆる産油国と協議を行っていることを明らかにしている。




米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に対しては、「減産延長が恐らく(most likely)必要だが、6カ月までは必要ないだろう」と更に踏み込んだ発言を行っている。昨年11月に協調減産で合意した際には、在庫を5年平均まで削減することを目指していたが、それが実現していないことを理由として掲げている。WSJによると、サウジ当局者はOPEC事務局に対して6カ月の減産延長の意向を示したとされるなど、詳細に関する情報は交錯しているが、少なくとも何らかの形で協調減産を延長する方向で協議が進んでいることは間違いなさそうだ。




ロシアのノバク・エネルギー相も国内石油会社との協議を行う意向を示している。民間資本の石油会社に協力の意向を確認した上で、最終的な決断を下す模様だ。クウェートによると、既にロシアとの間でも減産延長で「暫定」合意しており、現段階ではロシアが強硬な反発を行う可能性は限定されている。イラン、イラク、UAEなどの主要産油国からも減産期間の延長には理解を示す発言が相次いでいる。ここまで議論が進むと、減産期間を延長しないとの決断を下すことは極めてリスクが高く、仮に主要産油国から延長に慎重姿勢が示されると、改めて原油相場は40ドル台後半まで値下がりし、産油国に警告を発する展開が想定されることになる。




もっともこれを裏返せば、協調減産の延長を織り込む動きが強くなっていても、原油相場は上値を攻め切れていないということでもある。このまま50~55ドル水準をコアレンジに、需給リバランスの進展状況を見極める展開が続こう。


【マーケットエッジ(株)代表取締役 小菅 努】

▼マネーセミナー カテゴリー

生活のため、ビジネスのため、お金に関する知識は現代人に必須のスキルとなります。もちろん投資や資産運用にはリスクがつきものです。パフォーマンスを最大化しリスクを最小限に抑えるためにも、行動の前にしっかりと勉強しましょう。

おすすめのマネー セミナー

5月24日 (水)
19:30〜21:15

横浜開催 少ない資金で始める激安中古マンション投資セミナー 神奈川 不動産投資
5月24日 (水)
19:30〜20:30

初心者に贈る 会社員の為のやさしいマンション経営セミナー

参加特典付きセミナー

東京 投資
5月24日 (水)
19:00〜21:00

参加無料 水曜夜・神田開催 8名限定 女性講師 目指せ富女子 マネーセミナー~貯金女子から投資女子へ~ 東京 投資
5月24日 (水)
19:00〜20:20

一級建築士投資家広瀬氏 不動産投資成功は物件選定で9割決まる 物件選びの重要性 確認ポイントを解説《特別出演》システムエンジニアであるマンションオーナー 東京 不動産投資
5月25日 (木)
14:00〜16:00

参加無料 木曜午後・大宮開催 8名限定 初心者向け  女性・カップルのためのマネーセミナー 埼玉 投資
5月26日 (金)
7:00〜8:00

<朝活セミナー>売れすぎて売り物のない不動産屋のマンション投資セミナー 恵比寿開催 東京 不動産投資
5月26日 (金)
19:30〜20:30

渋谷 収益性を検証 オリンピックのその後と都市再開発

参加特典付きセミナー

東京 投資
5月26日 (金)
19:00〜21:00

参加無料 金曜夜:五反田駅前催  24名限定 女性のためのマネーセミナー 東京 投資
5月27日 (土)
13:30〜15:30

どう貯める?どう増やす? 初心者向け無料マネー講座 東京5月27日開催 東京 投資
5月27日 (土)
13:00〜15:10

<書籍第二弾*発売記念>行列のできる売り物のない不動産屋の投資セミナー 東京 不動産投資
5月27日 (土)
13:30〜16:00

第2回静岡開催 現役サラリーマン大家 ≪加藤隆≫ 成功への道筋を解説

参加特典付きセミナー

静岡 不動産投資
5月27日 (土)
10:30〜12:30

参加無料 土曜午前・横浜開催 20名限定 女性講師 ~素敵な未来に向けて~マネーセミナー 神奈川 投資
5月27日 (土)
13:00〜14:30

■■年収300万円からOK 楽しく簡単にわかるサラリーマンのはじめての不動産投資勉強会■■ ※不動産会社ではございません 

参加特典付きセミナー

東京 不動産投資
5月27日 (土)
14:00〜16:00

大阪では年内ラスト開催 (あと3名まで無料)FX初心者向けセミナー 全くの素人でも月5万円安定的に稼げた方法 大阪 FX
5月27日 (土)
9:15〜12:00

特別無料 世界No1投資家バフェット流 価値 を見抜くローリスク・ハイリターン投資。有名事例で演習体験。億万長者を目指す20〜50代初心者@新大阪駅 大阪 投資
5月27日 (土)
9:30〜11:30

有楽町開催 都心の低価格中古マンションで年収600万円アップする (未公開情報あり) 東京 不動産投資
5月27日 (土)
11:00〜13:00

もう迷わない 最短で資産拡大する為の融資の進め方 東京 不動産投資
5月28日 (日)
10:30〜12:30

どう貯める?どう増やす? 初心者向け無料マネー講座 福岡5月28日開催 福岡 投資
5月28日 (日)
14:00〜17:00

2017年不動産市況予測とその融資戦略 お教えします。~将来の資産のために今 融資を得るためには~ 東京 不動産投資
5月29日 (月)
18:30〜20:15

有楽町開催 少ない資金で始める激安中古マンション投資セミナー 東京 不動産投資
5月29日 (月)
19:30〜20:30

初心者に贈る 会社員の為のやさしいマンション経営セミナー

参加特典付きセミナー

東京 投資
5月31日 (水)
19:00〜20:45

●ニッポン放送後援●6億円サラリーマンが明かす これから始めても成功するマンション投資(基礎編) 東京 不動産投資
5月31日 (水)
10:30〜12:30

参加無料 水曜午前:横浜そごう開催  20名☆初心者向け   簡単・私にもできる資産形成~知識ゼロでも安心マネーセミナー   神奈川 投資
5月31日 (水)
19:30〜22:00

.... 世界一楽しく簡単な1億円の資産づくりの方法  ■資産設計勉強会■

参加特典付きセミナー

東京 投資
6月2日 (金)
19:00〜20:00

渋谷 少額投資で安定収入を得られる区分マンション経営セミナー

参加特典付きセミナー

東京 投資
6月2日 (金)
19:00〜21:00

参加無料 金曜夜:池袋開催  20名限定 女性のためのマネーセミナー 東京 投資
6月3日 (土)
13:30〜15:40

須田慎一郎 氏講演 須田慎一郎氏が語る どうなる日本経済 ~不動産投資の行方~

参加特典付きセミナー

東京 不動産投資
6月3日 (土)
14:00〜16:00

参加無料 土曜午後:横浜そごう開催  20名☆初心者向け   賢く管理 得するお金の貯め方 増やし方講座   神奈川 投資

▼マネーセミナー カテゴリー