投資家1年生の為の『投資の勉強会』 〜最悪溶けても痛くもかゆくもない 投資資金100万円の作り方とは?〜

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

このセミナーの受付は終了しました

セミナー開催日程

2017年8月26日(土)12:00〜

場所:
フクラシア八重洲(東京)
参加費用:
2000円

セミナー詳細はこちら

200名を超える個人投資家が所属する投資家コミュニティが、
投資未経験の方の為に企画した本格的な「投資の勉強会」です。

この勉強会の前身となるセミナーにはわずか1年で500名以上の方が参加されており、
主婦、会社員、個人事業主、経営者など、幅広い層の方々から支持されています。

また、講師を務める大石は、月刊企業情報誌CENTURYで「新進気鋭の若手起業家」
として取材を受けるなど独立二年目にして目覚ましい活躍を見せています。

「投資って何からどうやればいいの?」「周りに相談できる経験者がいません」
という右も左もわからない方こそ、ぜひ積極的にご参加下さい。

このセミナーで学べること

〜「銀行預金の金利は低すぎる!」と思ったことはありませんか?〜

全盛期は10%以上あった預金の金利も、今では「0.001%」。ほぼゼロです。
一度でもコンビニで引き出せば、手数料だけで運用実績上はマイナスになります。

お気づきの通り、銀行預金だけで資産運用できる時代はもう終わった、という事です。
なぜなら、銀行預金の金利以上にインフレが進み、物価がどんどん上がっているからです。


銀行預金は、冷蔵庫に入れた氷のように少しずつ資産性が目減りしていきます。
収入が減ったわけではないのに、日に日に生活が苦しくなっていくのです。

だからと言って、「もっと働いて昇進しないと!」
「もっと収入を増やすために副業をやらないと!」
と先走る必要はありません。

もう、これ以上頑張って働く必要はないのです。


〜「more」ではなく「change」へ〜

もっと労働をするのではなく「別の何か」にチェンジする・・・
それが我々現代に求められていることです。

「別の何か」とは何か?

それが「投資(資産運用)」です。


労働でお金を稼ぐだけでなく、投資によってお金を”増やす”ことができれば、
私たち国民の家計事情は大きく変化することになります。

「もっと頑張ってアメリカに追いつこう!」
「もっと働いてアメリカを追い越そう!」

こういう「more(もっと)」の精神が重宝される時代は、高度経済成長の終焉と共に終わりました。
オバマ元大統領ではないですが、これからは「change(変化)」が求められます。


労働によってお金を稼ぎ続けて、そのお金を銀行に預金するだけでは、
穴の空いたバケツに水を必死に注ぎ続けるようなものです。

だからこそ、私たち国民1人1人が正しい金融リテラシーを持ち、
資産運用によって自らの生活を潤していく必要があります。


〜投資の世界は落とし穴だらけ!〜

とはいえ、何から始めるべきかわからない人がほとんどだと思います。

投資信託、FX、株、クラウドファンディング、事業投資etc…
一言に「投資」と言っても、投資案件は無限にあります。

自分がどのような投資案件にどれくらいの金額を投資すべきか、
そもそもどうやって案件を探すのか?良いか悪いかを見極める基準は何なのか?
「何がわからないのかもわからない」という方もいるはずです。


投資の世界にはそういう「ピュアな投資家1年生」を
狙った悪巧みをしている人間がたくさんいます。
投資の世界は落とし穴だらけなんです。

では、具体的に何を事前に学んでおけば、失敗しない投資ができるのか?
労働せずにお金に働いてもらうことで資産を増やすことができるのか?

それをこの勉強会で徹底的に学んで下さい。


【この勉強会では何が得られるのか?】

勉強会で得られるものその1:
投資案件を見極める目利き力

結論から言うと、日本人の投資家さんのほとんどは資産運用に成功していません。
なぜなら投資家の過半数が定年を過ぎた金融に疎い60歳代〜70歳代の
方だからです(厚生労働省調べ)。実践している投資案件といえば利益率の
低い投資信託やNISAくらいです。

ですので、収入の足しになるほどの収益を得ている投資家はほとんどいません。
プラスになっていればまだ良い方で、中にはハイリスクな投資案件に手を出し、
大きく資産を失っている投資家さんもいます。要するに日本人の投資家さんに
必要なのは『ある程度リスクも抑えられていて、リターンもそこそこある、
ちょうど良い投資案件』を見極める目利き力なのです。


勉強会で得られるものその2:
リスクを回避する方法

投資にリスクはつきものです。逆にリスクのない投資は存在しないですし、
「ローリスクでハイリターン」という都合の良い投資案件も存在しません。
投資家にとって重要なのは、リスクの度合いを事前にデューデリー(下調べ・精査)し、
できる限りリスクを減らした上で、資金を投入する事です。

そのために欠かせないのが、リスクを見つけ出す『目利き力』と、
そのリスクが発生した時に『リスクを回避する方法』を考えておく事です。
回避の方法さえ用意しておけば、お金を身から剥がす事の恐怖は自然と
なくなっていきますし、より安全に自分の資産を運用していく事が可能となります。


勉強会で得られるものその3:
資産運用をする上で欠かせない金融リテラシー

欧米諸国と違い、日本の義務教育には金融の科目がありません。
「貯金は大事」「借金は悪い事」という極端に偏った口承があるだけなので、
お金に関する知識が非常に乏しいのです。ですので、そもそも資産運用を
始めるには不利な状況にいるのが日本人なのです。だからこそ、まずはお金の
性質についてよく学び、日本や世界の金融事情について、最低限知っておく必要があります。

なぜ今日本人の6割が「生活が苦しい」と感じているのか、資本主義社会という
ゼロサムゲームで勝ち上がる人達の頭の中はどうなっているのか等、
ありのままをお伝えします。我々日本人が負けるべくして経済的に負けさせられてきた事、
そして、金融の知識を身につけさえすれば、投資によって経済的自由を勝ち取る事は
誰でもできるという事実をぜひ知ってください。


勉強会で得られるものその4:
資金調達の方法

労働収入から得たお金を投資に回すというのは、資産運用の数ある
選択肢のうちの一つでしかありません。資産運用の王道は「低い金利で借りて、
高金利で回し、差益を得る事」です。「今あるお金をどうにかして増やそう」
という考えに固執せず、「安く借りて金利で勝つ」という考えを持つ必要があります。

実際、大きな企業や巨額の資産を持つ投資家は「いつでも返済できるけどあえて借りる」
というスタンスをとる事で、巧みにお金を増やし続けています。非常に興味深い事に、
経済的な自由を手に入れている人間ほど、上手にお金を借りているものなのです。
このように資金調達の方法を一つでも多く知っておく事は、投資家にとって大きなメリットとなります。


勉強会で得られるものその5:
効率良く資産を増やしていく具体的な手順

銀行預金のように、”資産を守る”ための対応をしている人は多いですが、
”資産を増やす”ための対応をしている人は多くありません。その為、
勉強会の中では資産を守るだけなく、効率良く増やしていく方法を積極的にお伝えしています。

具体的には、投資1年目のビギナーの方でも翌月から毎月利益配当を得て、
さらに2年で4桁の資産を構築できる可能性がある方法、案件情報をシェアします。
インターネット上はもちろん、テレビや雑誌でも紹介される事がない、
極めて認知度の低い本物の情報をお届けしますのでぜひご期待ください。


勉強会で得られるものその6:
過去の投資案件の成功事例と失敗事例

私を含む、クラブに在籍する投資家メンバーの過去の成功事例と
失敗事例を余すところなくお伝えします。「事例なんか聞いて意味あるの?」
という人もいるかもしれませんが、ビジネスにおいては、事例を聞いたところで
全く同じビジネスは成立しないので意味がないかもしれません。

しかし、投資は違います。上手く行く投資案件にも、失敗する投資案件
(HYPEや悪徳な投資商品、今は大丈夫で2〜3年以内に破綻する投資案件)には
共通点があります。私たち投資家は、多くの時間と労力と資金を投入して、
成功と失敗を繰り返してきました。そこから得られた教訓と秘訣を伝授します。


勉強会で得られるものその7:
ビットコインやイーサリアム等…
仮想通貨に関する最新情報

仮想通貨に関する状況は日々激しく変化しています。相場の変動はもちろん、
新たな仮想通貨がどんどん登場したり、市場ではビックカメラや銀座のお寿司屋さんなど、
ビットコインを決済システムに導入する企業が着実に増えつつあります。

これまで地球上に存在した、国家が通貨発行権を持つ「中央集権的な」特質がない仮想通貨は、
今後間違いなく台風の目となるはずです。今よりももっと我々の暮らしの中に溶け込んでいくでしょう。
このような背景を踏まえて、”一般的なユーザーとして”ではなく、
”投資家として”仮想通貨とどう向き合っていくべきなのか?
最新情報を交えてステップバイステップでお伝えします。


勉強会で得られるものその8:
海外視察報告「投資に対する海外と日本の
取り組み方の違いについて」

日本人は先進国の中でも特に投資や資産運用をしない民族として有名です。
海外の投資家界隈では、「日本人は金融リテラシーが低過ぎる。
彼らが”買い”に走ったら、僕らは”売り”時だね」なんて会話が、
当たり前のように交わされています。大学で金融に関する科目を選択しないとろくに
勉強すらできない日本人と違い、彼らは義務教育段階でしっかりと金融の授業を受けているのです。

そんな海外の投資家達に対して、私たち日本人投資家は今後どう戦っていけばいいのか?
実際に海外に視察に行って得た情報を元に、海外の投資家達との戦い方をお伝えします。
テレビでも新聞・雑誌では決して得られない「生の情報」にぜひご期待ください。


【勉強会当日のプログラム内容】

<第1部>
なぜ自分で資産運用をしないといけないのか?
金利とは?
私たちは日々資産を失っている
インフレと初任給との驚きの関係
−1.999%の恐怖
日本の借金
日本は本当に破綻寸前なのか?
国民の6割は生活が苦しい
投資(資産運用)がうまくいかない原因

<第2部>
そもそも投資とは?
メリットを大きくし、デメリットを小さくする方法
資金調達の方法
投資案件のリサーチ方法
ポートフォリオとは
負けない投資の3ステップ
個人投資家として安定した収益を得るための
最強の組み合わせとは?
もっと成功率を上げるためには?
クラブアルケミスタの紹介

※一部内容が変更される場合がございます。
 あらかじめご了承下さい。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

このセミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 一般社団法人フリードデスク
講師名 一般社団法人フリードデスク 代表理事 大石武
参加費用 2,000 円 (税込)
定員 10 名
カテゴリー 投資セミナー
タグ 投資 / 不動産 / 副業
参加対象 サラリーマン投資家としてデビューしたい方
参加条件 投資、資産運用に興味のある方、投資元金の作り方に興味のある方
申込期限 2017年8月26日
日時
    開場時間 11:45
    会場 フクラシア八重洲(東京)
    会場住所 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル(常和八重洲ビル)3F
    備考 本セミナー参加者には投資初心者が読むべき本、
    『投資の入門書』をプレゼント!ぜひセミナーに参加してお受け取りくださいませ!
    キャンセルポリシー  

    このセミナーの受付は終了しました

    近日開催予定のセミナー