【東京集合型・ウェビナー同時開催】FSMA(米国食品安全強化法)とは?

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

集合型セミナー・ウェビナー 同時開催

セミナーの受付は終了しました

タグ:
コンサル,食品,ウェビナー

セミナー開催日程

2021年7月2日(金)13:30〜

場所:
弊社セミナールーム
費用:
無料

セミナー詳細はこちら

本セミナーでは、米国輸出で日本の食品メーカーもコンプライアンス上対応が必須であるFSMA第103条(食品安全)と第106条(食品防御)の概要に加え、国内外の民間商取引で要求が増加傾向にあるGFSI承認認証規格(FSSC22000などの各種食品安全規格)とFSMAの類似性を利用した効率的な食品対応について解説、紹介します。

このセミナーで学べること

FSMAは法律のため FSMAなしで輸出はできません!

少子高齢化に伴う人口減少もあり、あらゆる産業で企業規模の大小を問わず、海外への販路拡大に向けた積極的な展開が年々進んでいます。
食品業界でも日本から海外への輸出量が増加傾向で、特にiGDPと人口等から米国輸出は大変魅力的です。

米国の食品に関する法律「FSMA(食品安全強化法)」は米国内で流通する食品の安全性担保を目的とするため、
米国内の食品メーカーだけでなく、米国向け食品を製造する(日本を含む)外国食品メーカーにも同様の対応が義務付けられており、
先般、日本の法律で定められたHACCPを大きく上回る要求となっています。

【対象者】
FSMAがどのような法律か知りたい方
HACCP対応済みだが、販路、売上拡大を狙いたい方
民間取引でも求められる食品防御や食品偽装の考え方
について知りたい方
食品安全等の取組みで効果が上がらず困っている方
米国向けの食品製造を予定している方
FSSC22000などの食品安全規格の取得を検討中の方

【コース内容】
グローバル化に伴う食品対応の環境変化
FSMAの概要について
FSMA第103条(食品安全への取組)
FSMA第106条(食品防御への取組)
FSMAとGFSI承認認証規格
ビジネスメリットで考える今後の対応

今回のセミナーは、cisco社のWebex Eventsを使用しライブ配信をさせていただきます。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
集合型セミナー・ウェビナー 同時開催

セミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 ペリージョンソン ホールディング 株式会社
講師名 白岩 康明
参加費 無料
定員 200 名
カテゴリー ビジネスセミナー/コンサルティングセミナー
タグ コンサル / 食品 / ウェビナー
参加対象 セミナー内容に記載の通り
参加条件 セミナー内容に記載の通り
日時 2021年7月2日(金)13:30〜15:00
会場 ​弊社セミナールーム
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー9階
備考 集合型16名様限定!
キャンセルポリシー -

セミナーの受付は終了しました

コンサルティングセミナーを人気主催者で探す

おすすめセミナー