• Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

【Zoom開催】明日から仕事に行かなくても大丈夫!新時代の金融サバイバルセミナー

  • 東京 開催
  • 明日から仕事に行かなくても、借金を返せなくても、絶対に⽣活に困らない方法

明日から仕事に行かなくても、借金を返せなくても、絶対に⽣活に困らない方法

このセミナーで学べること

セミナー情報ドットコム

 このセミナーは、「借金を返せなくても、絶対に生活に困らない方法」を伝えるセミナーです。

  そんなことはありえない。
  そう思うのも無理はありません。
  なぜなら、世の中のほとんどの人は、借金を返せなくなって破産したら、その後、ずっとクレジットカードや金融機関のローンは通らなくなり、人生の落語者として落ちぶれると思っているからです。

  そのため、借金を抱えている人のほぼ全員が、一生懸命に働いて、しっかりと返済したいと思いながら、しばらく返しても、返したのは利息だけで元本はほとんど減っていないという「借金地獄」に悩まされているからです。

 そんなあなたにお伝えしたいことがあります。

 まずは「借金はコツコツ返すもの」という発想を捨て去ってください。そして、できるなら、一気に、短期に、高い金利のものから完済してください。しかし、それができないのであれば「借金は生活を犠牲にしてまで返さなくていいもの」であると思ってください。完済することをあきらめ、債務整理を正しい手順で行うのです。そうすると、借金から解放されたうえで、ブラックリストになりますが、だからと言って絶対に生活に困ることはありません。

  私の教える金融サバイバル術は、世の中の日本人の感覚からすれば、かなり非常識です。ところが、私の指導を受けた方の全員が、過去に破産した人であっても3ヶ月以内にクレジットカードを作り、正規の金融機関のローンも通っているのです。

  そして、その結果、さらに驚くべきことが起きています。それは、破産をしたあと、経済も仕事も家庭も、なぜか人生全般が豊かになるのです。じつはこれが、これまで2度も破産を繰り返してきた私の結論でもあります。

「そんなにうまい話、あるわけがない」
 たしかにその通りです。大手のクレジットカードや大手金融機関のローンは破産後5年〜10年は通りにくいかもしれません。でも、破産してブラックになったからこそ審査が通る、中堅のクレジットカードや中堅の金融機関の融資もあるのです。

  私は2009年に1度目の破産をしましたが、破産後3ヶ月で三井住友ゴールドカードを持っていましたし、その後VISA、MASTER、JCB、AMEXプラチナカードをつくり、カード利用限度額は1,000万円を超えていました。さらには、金融機関からは1,000万円の融資も無担保で通ったのです。破産していない会社員であっても、クレジットカードの利用限度額と金融機関の無担保の融資で2,000万円を借りることは難しいと思います。

さらには、2020年に2度目の破産をしましたが、破産後3ヶ月でVISAゴールドクレジットカードを作れましたし、全国に20以上の支店のある正規の金融機関からの融資も通りました。私は破産するごとに、その後のクレジットカードの利用限度額や、金融機関からの融資の金額が増えているのです。

  私は、1度目の破産の後にAMEXのプラチナカードを持っていましたが、AMEXブラックカード(センチュリオンカード)の招待(インビテーション)を申請したのです。ブラックカードの担当者によると、「現在ブラックカードを手にされている人の多くは、過去にはブラックリストだった方も多いです。ある意味、人生の振れ幅ですから。」とのこと。

  ある意味、「破産していない会社員よりも、破産している人の方がブラックカードが作れる」と言えます。あの有名なアメリカ大統領のドナルド・トランプは過去に4回も破産をしています。破産すればするほどに信用が増えるので、だからこそ大統領にまでなれたのかも知れません。

  ですから、破産をするくらいの高額な融資を受けられただけでも信用がある人ですし、人生をかけて借り入れをして、死ぬ気で頑張ってチャレンジして、たとえ返済ができなくなったとしても、それは責められるものではなく、人生をかけて死ぬ気でチャレンジした証であり、名誉の勲章です。何も負い目を負うことはありません。

  だから、既に破産をしてブラックリストの方に告げます。
「おめでとうございます!」ブラックカードを手にする日が近づきました。
  借金の返済に疲れ、これから破産を検討されている方に告げます。
「おめでとうございます!」4回やれば、どこかの国の大統領になれるかも知れません。

 世の中には「成功も失敗もする人」か「成功も失敗もしない人」の2種類の人しかいません。人は誰でも大きな失敗や挫折をすると、人間的に成長します。その後、信用は高まり、成功は近づくのです。

  私の金融サバイバル術を実践すれば、たとえあなたが、現在、生活保護だろうが、無職だろうが、シングルマザーであろうが、過去に破産した人であろうが、経済的に這い上がる事ができます。

そうすれば、二度と生活に困らなくなります。
  これを私は「フェニックス金融サバイバル術」と名付けました。

 私の「フェニックス金融サバイバル術」の効果は絶大です。たとえ、ブラックリストになったとしても、絶対に生活に困らないばかりか、ますます信用が増え、クレジットカードの利用限度額や金融機関からの融資の限度額が増し、いずれブラックカードも作れるほどに、新しい人生のスタートが簡単に切れのです。

 一人でも多くの人に、この金融サバイバル術を手に入れて欲しいと願っています。

 株式会社PhoenixConnect
 代表取締役 滝内 恭敬

 【セミナー内容】
■借金は生活を犠牲にしてまで返す必要はない!
■借金を無くす債務整理の種類とメリット&デメリット 
■ブラックリストだからこそ信用が上がることがある
■働かなくても収入補償で毎月収入の2/3をもらおう
■国からお金を無利子で150万円以上借りよう
■国からお金を毎月6万円以上貰おう(生活保護ではない)
■最悪、生活保護で国に養ってもらえばいい
■あなたの歩むべき使命と本来の人生を生きる

 【講師プロフィール】 
 滝内 恭敬(たきうち やすゆき)

 フェニックス⼤佐。お⾦と貧困救済の専門家。
 高専卒業後、大手航空会社で国際線整備の仕事に就くも、入社2年で退職し、輸入ビジネスを起業して上海に展開する。セミナーや教材に数百万円以上のお金をかけて勉強し、精一杯頑張ったにも関わらず、リーマンショックの影響により、2009年には失敗して多重債務、ホームレス、破産、日雇い労働者、最終的にはメンタルがやられニート、結婚して2ヶ月で離婚を経験する。どん底から脱却すべく、平日は大手重工会社でNY地下鉄の設計の仕事をしながら、2013年に株式会社GOSPAを設立し、社長に就任。
 その後3年で1億円を稼ぎ、ビジネスを自動化して時間と経済の自由を実現。15年以上にわたり、世界最高峰のあらゆる目標達成メソッドを研究し続け、自身の経験からさらに発展させ、目標達成の真理を体得。これまで8,000人以上に指導し、97.2%のクライアントが成果を実感している再現性のある目標達成法として「GOSPAメソッド®」を確立。2018年度には年商1億4,000万円を稼いでいたが、オンラインサロンやYoutubeの普及といった、セミナー業界の急激な変化とコロナショックの影響により、2020年には会社倒産および、2度目の個人破産をした。
 現在、経済問題を⾼度な専門的知識と技術によって解決し、『あなたの⼈⽣をドン底から劇的に⾶躍させる』フェニックス⼤佐であり、自宅の風呂場で讃美歌を歌いながら牧師になった全裸牧師である。

 【著書】
『なぜ世界のお金持ちの35%はユダヤ人なのか?』
 これまで著者として、合計3冊の書籍を出版。
 Amazonベストセラー(ユダヤ教・キリスト教、教会のジャンル)継続中。

セミナー情報ドットコム

セミナー情報ドットコム

セミナー情報ドットコム

セミナーの受付は終了しました

開催情報

主催者情報 株式会社PhoenixConnect
講師名 滝内 恭敬(たきうち やすゆき)
参加費 12,000 円 (税込)
定員 3 名
カテゴリー ビジネスセミナー/経営セミナー/起業セミナー/投資セミナー
タグ 傷病手当 / 社会福祉協議会 / 緊急小口資金 / 総合支援資金 / 自己破産 / 借金 / ファイナンシャルプランニング / 債務整理
参加対象 今すぐに借金を無くしたい人、今すぐに会社員を辞めたい人
日時 2021年8月8日(日)15:30〜17:30
会場 ​Zoom
東京都Zoom

セミナーの受付は終了しました