空き家投資が人気の理由とは?メリット・デメリットを解説

空き家投資

あなたは全国に空き家が増えて問題になっている事はご存知でしょうか?日本の人口減少に伴い、現在誰も住んでいない住宅が増えて「空き家問題」となっているのです。

最近注目されている「空き家投資」とは、放置されている空き家を買って賃貸物件にし、入居者から賃料を貰うことで利益を生む仕組みの投資方法です。「空き家再生ビジネス」と呼ばれることもあります。

今は知る人ぞ知る投資法ですが、これから人気になることは間違いありません。その理由は、利回りが高いといった魅力的な特徴があるからです。

全国に余っている空き家を有効活用する手段として注目されている空き家投資。個人でも始めることができるので、この記事では空き家投資のメリット・デメリットを紹介していきます。さらに、空き家投資がどんな人に向いているかも解説しました。

空き家投資が人気の理由とは?

まずは空き家投資を始めるメリットについて紹介していきます。次の3つのメリットを詳しく見ていきましょう。

  • 初期投資の費用を抑えられる
  • 一般的な投資商品より利回りが高い
  • 良い物件を見つけられる可能性が高い

初期投資の費用を抑えられる

空き家は余っている物件なので、基本的に安く買うことができます。数百万円あれば空き家を一軒買うことはできますし、どんなに高く見積もっても一千万円が上限の目安となります。

空き家投資以外の不動産投資は、非常にお金がかかります。一般的には、物件を買うのに数千万円から億円単位のお金が必要なのです。新築のマンションを一棟買うなど、お金がかかる投資だからです。

なお、空き家はボロボロの状態であることが多いので、他人に貸し出す前にある程度のリフォームが必要です。そのリフォーム費用も数百万円ほどあれば十分なので、初期投資は安く済ませられます。

一般的な不動産投資と比べれば、空き家は数百万円から買うことができ、誰にとっても手を出しやすい不動産投資と言えるでしょう。初期投資の費用を少なくできるのは、大きなメリットです。

一般的な投資商品より利回りが高い

空き家投資は利回りが高いのも特徴で、年利にして10%以上を狙うこともできます。これは初期投資が安いために、利回りが高くなっているのです。

例えば、空き家を賃貸として貸し出すときに家賃を7万円に設定したとしましょう。この場合、1年間に貰える家賃収入は84万円です。

このとき、空き家を3百万円で購入し、リフォームに2百万円かかったと仮定します。物件を構えるのに5百万円かかった計算ですね。利回りは84万円÷5百万円で計算でき、16.8%となります。過程自体に不自然なところはなく、極めて現実的ですが、10%を超える利回りとなりました。

一般的な不動産投資と比較すると、5%前後が利回りの目安になります。また株式投資のような証券による投資でも、3〜6%程度が目安の利回りとなります。これに対し、空き家投資なら10%を超える利回りを狙うことができます。この高利回りも空き家投資の大きなメリットです。

良い物件を見つけられる可能性が高い

全国で空き家が増加しているので、投資家はさまざまな物件から理想の一軒を探すことができます。多様な選択肢から選ぶことができるので、高利回りを期待できる物件に出会える可能性も高くなります。

空き家活用は物件をリノベーションして魅力的にしなければならないので、簡単ではない事業の側面があります。適当な物件を選ぶのではなく、収益性が高くなる条件を満たした物件を選ばなければなりません。そのためにも、多くの選択肢があることは重要です。

将来的にも空き家は増えていくことが予想されているので、今後も物件は選り取り見取りな状態が続くと考えられます。つまり空き家投資初心者でも、良い物件を見つけられる可能性が高いと言うこと。これから不動産投資を始めようと考えている方は、空き家投資を検討してみてはいかがでしょうか。

空き家投資のデメリットも知っておこう

良いことばかりのように感じられる空き家投資ですが、デメリットも当然あります。次の3つの注意点について、詳しく紹介していきましょう。

  • メンテナンス費用がかかる
  • 立地が良くないことがある
  • 管理会社がいない

メンテナンス費用がかかる

ほとんどの空き家は古い物件なので、購入した後に問題が見つかるケースが非常に多いです。水回りの設備が古びており、新しい入居者が使い始めてから1年以内に壊れてしまう、といったこともあるのです。

このような場合、修繕のコストがかかります。入居者が壊したわけではないので、所有者である投資家が費用を支払います。

建物が古いためにガタが来ていることが多く、貸し出してからメンテナンスが必要になることはよくあります。購入時にはどんなトラブルが起こるか予想できないことも多いので、これが空き家投資の大きなデメリットです。

立地が良くないことがある

なぜ家が空き家になっているのか考えてみると、「需要のないエリアに建っているからだ」ということがあります。立地が良くないと、家賃が安くても入居者がつかないことがあり、投資に失敗してしまうことも。

ただし、そもそも立地が良い物件は「高い」のです。俗に立地が良いと言われる物件は、結局 初期投資額が大きくなることが多く初期費用回収に時間がかかってしまいます。

空き家投資の魅力は利回りが高いことですから「駅近」、「築浅」のキーワードにこだわり過ぎるのもよくありません。自分がその場所に住みたいかどうかなど常識的な感覚を大事にすること、セミナーに出て知識を得ること、信頼している投資仲間や仲介業者さんの意見なども参考にしてみましょう。

管理会社がいない

個人投資家にとっては、管理会社がいないこともデメリットになります。設備の故障等があったときに、入居者から所有者に直接連絡が行ってしまうからです。

一般的な不動産投資であれば間に不動産会社が入るので、所有者は基本的には何も対応しなくて大丈夫です。しかし、空き家投資の場合はトラブルを解決してくれる業者の手配などを所有者がやらなければなりません。

「それくらい自力でできるよ」という人なら問題ありません。しかし、本業で忙しくしている人にとっては、管理会社がいない事はデメリットになるでしょう。

空き家投資を失敗しないために知っておくべき3つのポイント
土地や家は従来は資産と考えられてきましたが、最近では税金や解体費用が高いことから、誰も住まず処分もできない空き家は負債とまで受け止められるようになってきました。そこで注目されているのが、空き家再生ビジネスです。この記事では、空き家投資でのよくある失敗例を掲載し、どうすれば投資を成功させることができるのか考えていきます。

空き家投資が向いている人

ここまでの項目で、空き家投資のメリットとデメリットを紹介してきました。これらを踏まえ、空き家投資が向いている人は次の3つのような属性の人でしょう。

  • 本業の収入が安定している人
  • より利回りが高い投資をしたい人
  • 社会貢献をしたい人

本業の収入が安定している人

まず、サラリーマンなど本業の収入が安定している人に、空き家投資はおすすめです。少ないとは言え初期投資に数百万円かかることや、入居者が入った後にメンテナンス費用がかかることを考えると、投資以外で収入がある人の方が取り組みやすいです。

より利回りが高い投資をしたい人

空き家投資は少ない金額で物件を買うことができる不動産投資なので、資金が少なく初期投資を抑えたい人にもおすすめです。しっかり勉強すれば一般的な投資商品よりも、より高利回りな投資を実現することができます。

社会貢献をしたい人

空き家率を下げる事は国や自治体の大切な課題でもあるので、空き家投資には補助金が交付されることがあります。空き家対策は現状の社会問題を解決する社会貢献でもあるのです。補助金については地域によって制度が異なるので、調べてみることをおすすめします。

空き家投資について詳しく学んでみよう

前途の通り、空き家投資(空き家再生ビジネス)は社会貢献でもあります。全国で増加している空き家を有効活用する「空き家投資」は今後人気の投資になっていくので、今のうちから始めてみてはいかがでしょうか。

空き家投資 完全解説

空き家投資 完全解説
人生100年時代向けての戸建て不動産投資セミナー 社会貢献×投資=戸建て不動産投資 社会貢献にもつながる戸建て不動産投資を是非この機会にご確認下さい。