セミナー検索はセミナー情報ドットコム

セミナーの意味とは?

セミナーに参加してみよう

セミナーの意味について解説します。
聞いたことはあるけれど、『セミナー』って具体的にはどんな意味なのでしょうか。

セミナーの意味とは?

セミナーとは、ある特定のテーマを設定して、そのテーマについて知識や技術を習得したいと希望する人を募集して実施するものです。

そのテーマに興味がある人が自主的に参加するので、主催者側から参加対象・条件の指定がない限り、会社や組織はもちろん、役職や年齢もさまざまな肩書きの参加者が集まります。

資産を作る目的で株や不動産など投資を学んだり、今後のキャリアアップを見据えて自己啓発セミナーに参加したり、自分が欲しいと思った情報や知識を自発的に取りにいけるのが「セミナー」です。

セミナーのほかに「講座」や「講演会」、「研修」という言葉があります。
講演会と研修会については、意味が変わってきますので、間違えないようにしたいですね。

セミナーと研修の違いは?使い分けできるよう解説します
セミナーとは、それぞれの題材に準じて興味を引くテーマを設定し、各企業や個人に参加を募集します。職務上の業務命令ではないので、各個人の自由意志で受講することが多いです。その反対に研修とは、仕事の一環として参加”させられる”ものです。つまり、企業が社員に対して行う社内研修を示します。このほか学び方の違いやより学びを深める活用方法を解説します。

セミナーの語源

「seminar(セミナー)」の語源はドイツ語の「ゼミナール」です。
ゼミナールとは、日本大百科全書によると大きく分けて以下2つの意味があると解説されています。

(1)大学における演習形式の授業
あるテーマを設定し、それに関する学生の発表や討論などを中心とするもの。また、そこに出席する学生、教官で構成される大学の学科内の集団。
(2)ひろく小人数を対象とし、討議を加味した講習会の呼称

英語では大学の演習・研究集会・会議などの意味を持ちますが、日本語では主として(2)の意味で認識されています。

ザックリ説明すれば「講師と参加者」は「先生と生徒」の関係に近いですが、”討議を加味した講習会”つまりセミナーは講師から一方的に講義を聞くだけでなく、 受講者が意見交換やワークを通じて積極的に参加し、学びを深める場と説明できるでしょう。

英語の”セミナー”は違う意味になる?

英語で、わたしたちが認識している”セミナー”と同じニュアンスでで使われている言葉は、workshop(ワークショップ)、course(コース)、masterclass(マスタークラス)、class(クラス)、session(セッション)、convention (コンベンション)、forum(フォーラム)、symposium(シンポジウム)です。

大きな会場にたくさんの参加者を入れて開催するセミナーイベントはconference(カンファレンス)、逆にセミナーよりも気軽な感じで交流会的なものはmeetup(ミートアップ)が使われます。

実はseminar(セミナー)と言うと、少し違うニュアンスで認識されることもあるので覚えておきましょう。

セミナーの種類は?

一般的なセミナー

1人の講師に対して数人の参加者というのが一般的なセミナーのスタイルですが、関連性のあるテーマを専門とした講師がコラボレーションをしたりする場合もあります。3名上の講師がパネラーとして参加し、トークショーをしたりディスカッションをするイベント要素が強いセミナーもあります。

一般的なセミナーは、講師による一方的なプレゼンだけで終了するのではなく、ところどころで受講者同志が意見交換をする時間が設けられていたり、実践的なワークの時間が組み込まれています。

また、質疑応答の時間が設けられているのもセミナーの特徴です。直接講師に質問や相談をすることができるのが、書籍や情報商材にはない魅力のひとつです。

ワークショップ

ワークショップとはもともと演劇業界で実施されてきた勉強方法です。講師が与えた課題に対して実践中心の体験をして学びを深めていきます。

最近では、コーヒーセミナー、アクセサリー作りセミナーなど、講師のレクチャーに従って、参加者ひとりひとりが実際に創作活動を体験できるセミナーが人気です。

創作系の内容以外のビジネス系セミナーでもワークショップ中心のセミナーはあります。座学が中心のセミナーに比べると、みずからが身体を使って体験して覚えるスタイルなので、より積極的に参加していくことが必要になります。

勉強会や交流会

セミナーよりも安価で気軽に参加できる「勉強会」や「交流会」というスタイルもあるのでご紹介します。

そのテーマに知識豊富な主催者がファシリテーターとして入り、参加者同志で学びを深めていきます。少人数制の場合が多く、セミナーよりも参加しやすい料金設定です。「朝活」や「読書会」なんかもこれに含まれます。

勉強会や交流会は同じテーマに対し興味がある仲間との人脈づくりにも有効です。家族でもない、会社関係でもない、新たなコミュニティを築けるので、プライベートを充実させるという点でもおすすめです。