Online-Workshop ” MENTAL FLEXIBILITY (心の柔軟性)”

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

集合型セミナー

セミナーの受付は終了しました

タグ:
プレゼンテーションセミナー,ビジネス英語セミナー,英語でデスカッション,時事英語

セミナー開催日程

2020年5月30日(土)19:30〜

場所:
ZOOM オンライン教室
費用:
2000円

セミナー詳細はこちら

変化の激しい時代を迎えています。この状況を乗り越えていくには自分の心を柔らかく保ち周りの変化に適合していくことではないでしょうか。心の柔軟性を高めてみませんか?本Workshopでは、メンタルフレキシビリティの重要な要素について説明し、それを醸成するためのいくつかの特定のテクニックを練習します。2時間半渡る長い講義ですが決して飽きることはありません。講師は、Public Speechで定評のあるJohn Schwerinさんです。全て英語で行いますので、“眞に英語で考える本格的なWorkshop”となります。

このセミナーで学べること

オンライン会議ZOOMのブレイクアウト・セッション機能を駆使して、受講者を、複数の分科会に分散してグループ討議を数回して頂きます。その結果を全体討議で発表するという手法をとるInteractive Lessonであり、あっという間に終わります。全て英語で行いますが補助Coordinationの安達がサポートします。
-教育プログラムの概要
 最初に、自己紹介スピーチを4分から6分で行います。
次に、
・「メンタルフレキシビリティ」の概要を聞き、分科会に分かれて討議します。
・全大会議に戻り、考えを共有して、討議します。
・同様の、講義、分科会、全体会合を3回程繰り返します。。
   
受講対象:
① 英会話の中上級レベルの方で18歳以上の方ならどなたでも
② 英語で知識を学びたい方、プレゼンをや英語面接を練習したい方

コーチ:ジョン・シュエリン John Schwerin
MBA(ハワイ州立大学)、BS(カリフォルニア州立ポリテクニカル大学、専攻:建築及び産業工学)
気さくな典型的な米国人で日米の文化に詳しく、企業内滞在で語学指導を長期間従事。国際支援、英語教育、ビジネス文書、特許文書の翻訳に優れた実績あり。響きの良いアメリカ英語が魅力です。ハリウッド英語(標準英語)の発音指導をしながらしっかりコーチします。パブリック・スピーキングの専門講師。

補助:安達 信男 Nobuo Adachi
慶応大学文学部(英文)を1980年に卒業。テレコム会社では海外製品の調達、輸入販売、取り扱い・サポートが長くビジネス英語の経験が豊富。講義では実践的内容を易しくレッスンするところが特徴。国際PMP、ITC認定、電気通信主任技術者(伝送交換、線路)、国際パブリック・スピーチ研修会ATMGの資格保有。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
集合型セミナー

セミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 株式会社アジック
講師名 ジョン・シュエリン John Schwerin/安達信男 Adachi Nobuo
参加費 2,000 円 (税込)
定員 10 名
カテゴリー ビジネスセミナー/英会話セミナー
タグ 英語でデスカッション / 英会話 / ビジネス英語 / プレゼンテーション / 時事英語
参加対象 ①アクティブな学習に参加したい方 、②文化社会経済政治の動向や社会トレンドに関する話題に興味のある方、 ③英語を使う仕事に従事している方やその可能性のある方
参加条件 じっくりと英語力、発信力を伸ばしたい方、英語で仲間を釣りたい方大歓迎!
日時 2020年5月30日(土)19:30〜22:00
会場 ​ZOOM オンライン教室
東京都ウェビナー(ZOOM)
備考 今回は、オンラインZOOM会議システムで行います。

メンタルフレキシビリティについて
精神的な柔軟性は、効果的な思想家の特徴の1つです。精神的に柔軟であるということは、適応できること、さまざまな視点を理解すること、新しい可能性に開かれていること、必要に応じて方法を変え、継続的に学び、成長することをいとわないことです。メンタルフレキシビリティは、考え方、メンタルスキル、態度として定義できます。これは、最善の結果を達成できるように行動を適応させることができる状況へのアプローチ方法です。精神的に柔軟になるということは、あなたがあなたの意見や見方をする資格がないということではありません。それは単に、固定された意見や狭い視野に固執するのではなく、常に世界を新しい見方で受け入れることを意味します。さまざまな状況に効果的に対処できるように、新しい事実とその事実を解釈する新しい方法を常に探しています。意識的にそうする人は殆んどいませんが、誰でも精神的柔軟性のスキルを伸ばすことはできます。
中略
MENTAL FLEXIBILITY

We will discuss the key elements of mental flexibility and practice some specific techniques for developing it. Mental flexibility is one of the hallmarks of the effective thinker. To be mentally flexible means to be able to adapt … to appreciate various points of view … to be open to new possibilities … to change your ways when necessary and to be willing to learn and grow continuously. Mental flexibility can be defined as a way of thinking … a mental skill … an attitude. It’s a way of approaching situations that allows you to adapt your behavior so you can achieve the best outcomes. Becoming mentally flexible does not mean you are not entitled to your opinions and points of view. It simply means that you are not rigidly committed to fixed opinions or narrow points of view, and you are always open to new ways of looking at the world. You are looking continuously for new facts and new ways to interpret facts, which enables you to deal effectively with various situations. Anyone can develop the skills of mental flexibility, although few people do so consciously.
キャンセルポリシー キャンセルは、開催日の4日前までお受けし、お支払いの費用は全額払い戻しいたします。それ以外は返金できません。
緊急電話:070-5668-3390 安達まで。

セミナーの受付は終了しました