12誘導心電図の読み方|エポック心リハスクール初級編(4/28,29の2日開催)

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

ウェビナー

セミナーの受付は終了しました

タグ:
言語療法,循環器,作業療法,理学療法,心臓リハビリテーション

セミナー開催日程

2021年4月28日(水)20:00〜

場所:
ウェビナー
費用:
5500円

セミナー詳細はこちら

12誘導心電図の読み方と不整脈|エポックセミナーで学ぶ

モニター心電図と違い、臨床検査技師が測定するのが12誘導心電図ですね。

特徴の1つはSTの変化を拾いやすいこと、急性心筋梗塞などの診断に使われます。

名前の通り、12個の波形でできているのでどこの何を見ていいのかわからないのが難点です。



多くの理学療法士・作業療法士がそこで挫折して、結果的に見なくなるわけです。

結果、不整脈に親しむ機会を失い、不整脈がわからないままになる。

そうなると、リスク管理がよくわからないままになってしまいます。

このセミナーで学べること

このセミナーを受講することで12誘導心電図の基本的な見方を学び、不整脈への理解を深めて実践できるようになります。



このセミナーの到達目標は

『臨床でよくある不整脈を理解し12誘導心電図をリスク管理に役立てる』

ことです。



※12誘導心電図は医師の解釈をしっかり確認してください、勝手な解釈には注意!

この到達目標に達すると、以下の知識・技術が身につきます。



●不整脈を病態と波形の双方向から理解できる

●どれくらいのリスクがあるのか推察できるようになる

●循環器病棟でも自信をもって働けるようになる

●毎日心電図を見ることが楽しみになる!


不整脈は偶然起こるものではない

不整脈は不運にも起こってしまう、そんなイメージがありませんか?

確かにそういうこともあるでしょう。

リスク管理において、こういう全くの不足の事態に対応する能力は必要です、BLS(Basic Life Support)がそれに当たります。



一方、可能な限りリスクを推測してそのリスクに備えることも重要なリスク管理です。

リスクとして最も怖い物の一つが致死性不整脈ではないでしょうか?

そのリスクがあるのかないのか、心電図はヒントを与えてくれます。



このセミナーは

〇12誘導心電図のどの波形が何を意味しているのかわからない

〇不整脈があるとどうしていいのかわからず不安になる

〇心臓リハビリテーションに従事しているが心電図が苦手



これらで悩んでいるあなたにおすすめのセミナーです


12誘導心電図とモニター心電図の違いとは?

一言で言えば、目的が違います。

しかし、どちらか片方だけではなく、組み合わせて利用することでより効果がでます。

特にリハビリテーション中は運動を行います、運動は心筋に負担をかけることにもなるので心電図の確認は必要です。

片方だけでは、特にリハビリテーションにおいては不十分と言えるでしょう。



セミナープログラム

本講義では、不整脈を頻脈性・徐脈性・期外収縮で分けてお話をしたいと思います。

1. 12誘導心電図の基本
まずは12個の波形がそれぞれ何を意味しているのか知っておきましょう

2. 頻脈性不整脈と12誘導心電図
臨床での遭遇頻度が比較的高い頻脈性不整脈の解説とその心電図波形を見ていきます
致死性の不整脈は12誘導をとっている暇はありませんので、主にモニター心電図の講義でお話します

3. 徐脈性不整脈と12誘導心電図
徐脈性不整脈は特徴的な波形があるのでわかりやすいでしょう
頻脈性と違い、徐脈性不整脈は12誘導心電図が適応になることが多い不整脈です

4. 期外収縮と12誘導心電図
期外収縮は最も臨床で良く見る心電図です
こちらも主にモニター心電図で確認できますので、ここでは簡単に説明します

5. その他12誘導心電図から得られる所見
12誘導心電図には軸偏位や肥大など波形の形から心臓や刺激伝導系の状態のヒントを与えてくれるものがあります


◆エポック心リハスクールで循環器に強くなろう!◆

エポック心リハスクールでは初級12回、中級10回の全22回のコースをご用意しております。

スクールに参加することで以下の特典があります。



□一括での申し込みにより受講料がお得になります。(一回受講料4,400円で受講が可能)

□エポック心リハスクール卒業生限定オンラインサロンへご招待

□スクール生限定セミナー、質問会、テストによってさらにスキルアップ!



循環器を味方につけると、理学療法士・作業療法士として自身が持てるようになります。

スクールなので仲間と共に成長することができ、卒業後もオンラインサロンにて交流・成長ができます。



※本セミナーは初級編12回のスクール開催になります。

今後、初級編・中級編受講後に皆様にはオンラインサロンへの招待をさせていただきます。

スクールの一括申込をご希望の方は専用のページをご用意しておりますのでそちらからお申し込みください。



◆初級編の今後のセミナー予定一覧◆

講義1) 3月24日、25日 心疾患理解のための循環生理学

講義2) 3月31日、4月1日 血圧と運動生理学 

講義3) 4月7日、8日 血液生化学検査・血液ガス分析

講義4) 4月14日、15日 胸部レントゲン

講義5) 4月21日、22日 不整脈とモニター心電図

講義6) 4月28日、29日 12誘導心電図の読み方と不整脈

講義7 ) 5月5日、6日 心エコーの見かた

講義8 ) 5月12日、13日 リスク管理・フィジカルアセスメント

講義9) 5月19日、20日 循環器疾患総論~心不全~

講義10) 5月26日、27日 循環器疾患総論~虚血性心疾患~

講義11) 6月2日、3日 循環器疾患総論~弁膜症・心音~

講義12) 6月9日、10日 循環器疾患総論~閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈疾患~

◆エポック心リハスクール 中級編◆

講義1 循環器疾患各論~心不全~

講義2 循環器疾患各論~虚血性心疾患~

講義3 循環器疾患各論~弁膜症・心音~

講義4 循環器疾患各論~閉塞性動脈硬化症(ASO)・大動脈疾患~

講義5 循環器医師監修!心筋梗塞後の治療と超急性期管理~人工呼吸器・IABP・IMPELLA・ECMO、医師に報告すべき所見~

講義6 心臓リハビリテーション関連領域②~患者教育・二次予防・栄養~

講義7 心臓リハビリテーション関連領域③~心肺運動負荷試験~

講義8 心臓リハビリテーション関連領域④~フレイル・サルコペニア~

講義9 心臓リハビリテーション関連領域⑤~ペースメーカー~

講義10 心臓リハビリテーション関連領域⑥~地域・在宅での心臓リハビリテーション~

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
ウェビナー

セミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 株式会社Rebel Flag
講師名 真鍋 周志 先生
参加費 5,500 円 (税込)
定員 20 名
カテゴリー ビジネスセミナー/医療セミナー
タグ 言語療法 / 循環器 / 作業療法 / 理学療法 / 心臓リハビリテーション
参加対象 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 その他医療関係職
日時 2021年4月28日(水)20:00〜21:30
会場 ​ウェビナー
兵庫県 
備考 このセミナーは2日間に分けて開催します。
4月29日にも同時刻に行いますのでお忘れのないようご注意ください。
2日セットでの料金となります。
キャンセルポリシー セミナー申し込み後、弊社よりメールが届きます。
ご入金後のキャンセルについては弊社利用規約をご覧ください。

http://seminar.ep-och.com/statute

セミナーの受付は終了しました

おすすめセミナー