【冷え性や疲れ…】体の不調でお悩みの方必見!腸活セルフケアマスター講座

健康

人はからだに不調が現れるまでからだの異変に気付きません。
異変に気付いてその症状だけを見ておさめようとしても根本的な原因に気づかない限り、最適な改善法には出会えません。

本記事では、便秘・冷え性・むくみ・肩こり・腰痛・頭痛などでお悩みの方必見!
『一生使える!腸活セルフケアマスター講座』のご紹介をします。

このセミナーでは「まずは自分を知ること」に重点を置いています。
”不調は結果”です。
その不調が現れる原因を作ったのは、誰あろう自分自身です。
表に現れた症状だけをとらえて排除するだけのケアは、表面の波風を治めるだけのことで、何の解決にもなりません。

自分のからだを守るのは自分自身でしかありません。

原因を作ったのも自分なら、解決できるのも自分自身以外の何物でもありません。
自分のからだを知り、愛情を持って接し、からだが本当に求めているケアを見つけられるようになること。

さぁ、自分自身に責任を持った生き方を始めましょう。

何かと話題の”腸活”って何?

腸と腸内環境を整え、からだを美しく健康に保つための活動のことです。
食事、運動、睡眠等の生活習慣から、メンタルケアに至るまで、その方法は多岐にわたります。

腸活セルフケアの方法とは?

腸を整えるための生活習慣改善法やエクササイズを自分で選んで生活に取り入れていくことでセルフケアが可能になります。

自分に合ったものを選ぶことが重要

テレビやインターネットなどの情報による「腸にいい○○」に惑わされることなく、本当に自分に合ったものを選ぶ、一歩先行く腸活がトレンドです。

セミナー詳細

なぜいま腸活セルフケアマスター講座に参加すべきなのか?

日本人女性の二人に一人は便秘と言われます。
便秘と自覚していなくても、「わたしは腸が健康です」と堂々と言い切れる人はほとんどいません。

そして、腸に直接不調を感じていなくても、冷え性・むくみ・肩こり・腰痛・頭痛・アレルギー・神経症・生活習慣病・がんなどの不定愁訴や慢性病を含めるとさらにその人数は減ります。

体の不調改善やがん予防になる

これらの不調のすべてが腸の健康を取り戻すことで軽減されるとしたら?
死因ナンバーワンとなった大腸がんを回避するチャンスになるとしたら?
なぜここまで腸の健康が重要視されるのか、その意味を知り、自分自身を振り返るきっかけとして、これからの人生をよりよく生き生きと過ごすきっかけとして、腸活セミナーは最適です。

個々に寄り添う丁寧な講座内容

一般的な「腸にいい」ことよりも、個々に寄り添った身近なケアからはじめてもらう手軽さを感じてもらえます。
また、肉体的な健康面だけではなく、精神面での健康も共に高められるよう促す内容です。
自分自身のからだを知って、愛着を感じることが第一と考えます。
自分を大切にすることが出来るようになれば、腸の不調に限らずほかの不調に出会った時も自分にとっての正しい判断ができるようになります。

経験豊富な腸もみセラピストが講師を担当

腸もみセラピストとして、腸に不調を感じる方々と数多く触れ合ってきた経験をまとめた内容なので、より実践的で個人向けです。
腸の状態を見極めること、そしてその状態に合わせたケアを選ぶこと。
十把ひとからげに「○○を取り入れよう」といった一般論におさめないところが当セミナーの強みです。 

こんな悩みがある方はご参加ください

・日頃から腸に不調を感じている方(便秘・下痢・ガス溜まりなど)
・これまでいろいろな健康法を試したけれどイマイチ効果を感じられなかった方
・アレルギーや肌荒れでお悩みの方
・ダイエットがうまくいかずに何度もリバウンドを繰り返す方
・やる気・元気が出ずにお困りの方

講師:かたおかのぶえ 氏

腸とからだ、腸と心をつなぐセラピスト

腸もみセラピスト、腸もみセラピスト育成講師、腸活講師、メンタルケアサポーター

かたおかのぶえ

2011年 フェイシャルエステとアロマトリートメントの自宅サロンをオープン。
2013年 腸もみセラピストとして活動開始。
2015年 腸もみセラピストの育成スクール開始。
ギャラクシーブックスより『腸本来の力を引き出す腸もみセラピー』を出版。
2018年 施術からセラピストの育成、心とからだの繋がりについて伝える活動 へとシフトチェンジ。

一生使える!腸活セルフケアマスター講座

腸を元気に保つためのセルフケアをお伝えする講座です

開催日:2019年6月22日(土)
主催者:ここ・からラボ
開催地:京都府
参加費:15000円

セミナー詳細

健康セミナーを探してみよう

健康講座を紹介。口コミや評価で人気の健康講座を検索できます。
健康講座を探していますか?全国の人気の健康講座を紹介しています。