芸術・文化と「自由」の問題 -「あいちトリエンナーレ」が投げかけたもの

  • Facebookでシェアする
  • Twinnerでシェアする

集合型セミナー

セミナーの受付は終了しました

セミナー開催日程

2019年12月22日(日)14:00〜

場所:
名古屋国際会議場
費用:
2000円

セミナー詳細はこちら

 本シンポジウムは、日本文化の歴史的文脈における「自由」の観念と、それが生み出してきた豊饒な文化の形を再確認し、日本のみならず世界に還元できる「表現の自由」のあり方を探ることを目的とする。

このセミナーで学べること

 「あいちトリエンナーレ2019」は、一部の展示内容 (「表現の不自由展」) が強い批判を浴びる中、主催者はいったんその展示を中止しながら再開するなど不可解な経緯を辿った。我々は、この一連のイベントを事前に防げず結果的に甘受してしまったことを真摯に受け止め、その原因を考察するとともに、同様の事態を繰り返さないために、「表現の自由」のあり方について議論を深めなければならない。
 
 日本語の「自由」は多義的であるが、自然との一体感を基礎に持つ神道的な観念と禅の用語に由来する「融通無碍」の意を含むという特徴がある。それは日本文化の豊饒さを生みだしてきた重要な観念であるはずだが、我々の文化が長く保持してきた豊饒な土壌から切り離され浮遊する、正体不明の空虚な観念だったのではないか。そしてその空虚さが、今回のイベントでいみじくも露呈したのではないだろうか。
 
 我々は、日本国憲法の空虚な「自由」の観念を乗り越え、文化が培ってきた闊達で豊饒な「自由」の姿を取り戻すべきだろう。本シンポジウムは、日本文化の歴史的文脈における「自由」の観念と、それが生み出してきた豊饒な文化の形を再確認し、日本のみならず世界に還元できる「表現の自由」のあり方を探ることを目的とするものである。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
集合型セミナー

セミナーの受付は終了しました

セミナー詳細

主催者情報 日本国史学会(第九法律事務所 岡島 実 気付)
講師名 田中 英道
参加費 2,000 円 (税込)
定員 322 名
カテゴリー ビジネスセミナー/政治・経済セミナー
参加対象 芸術・文化と「自由」の問題を真摯に考えて頂ける方々
日時 2019年12月22日(日)14:00〜17:00
会場 ​名古屋国際会議場
愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番1号
備考 ※ 院生・学生の参加費は500円です。

セミナーの受付は終了しました

おすすめセミナー