マネジメントセミナーとは?


マネジメントは「管理」「経営」という意味を持ちますが、組織の管理や運営を示す言葉として広く利用されています。有名な経営学者のピーター・ファーディナンド・ドラッカーは、設定した目標に沿って組織を運営することがマネジメントの目的と述べています。
実際に、組織で果たすべき目標を具体的に設定して、組織で働く人の自己実現の場を与え、社会に貢献する組織を結成することが大切ですが、それには、マネージャーの基礎知識が問われるのです。マネージャーには「意思決定」「コミュニケーション」「管理力」「分析力」が求められます。
マネジメントセミナーでは、目標の設定方法や組織メンバー(部下)のキャリアや将来を見据えての育成方法など、マネジメントに携わる人に必要不可欠な知識を学ぶことができます。

悩んだらこのセミナーをチェック
おすすめマネジメントセミナー

イチオシ!マネジメントセミナー

マネジメントセミナー

マネジメントセミナーで学べる事


マネジメントセミナーに参加をすれば、次のような知識を身に付けることができます。

部下のキャリアを見据えた必要な指導方法


部下に対する指導や育成は、マネジメント業務の大切な項目のひとつです。しかし、時代の変化に伴い、従来通りのボトムアップに指導は求められていません。
現代では、部下の将来を見据えた指導や育成が求められる時代となりました。部下が自主的に動けるような環境作りを行い、見守ることや、サポートする姿勢が重要視されるようになったのです。マネジメントセミナーに参加をすれば、現代に求められる部下の指導・育成方法が学べます。

経営環境の変化を踏まえた仕組みづくり


経営環境は変化し続けていきます。従来の目標を掲げて仕事をしていれば、会社の存続は難しくなっていきます。そのため、常に時代の変化をキャッチアップして、世の中の動きに踏まえた新規事業や仕組みを自ら提案することが求められる時代になるのです。そして、意思決定を行わなければいけません。
マネジメントセミナーでは、新規事業を行う際の組織体制の仕組みづくりや、意思決定方法なども学ぶことができます。

グローバル化に向けた対応


日本国内は少子高齢化のため、今後は外国人労働者を雇用する企業も必然的に増えていくと予測されています。また、海外のビジネスパートナーを持つ企業も増えていくでしょう。そのため、グローバル化に対応したマネジメントは必須項目となり、マネジメントを多面的に捉えていく必要が出てきます。マネジメントセミナーでは、多様化する働き方にも適用できるマネジメント知識も学ぶことができます。

気になるマネジメントセミナーは見つかりませんでしたか?
こちらのキーワードでお探ししてみてはいかがでしょうか?

マネジメントセミナーの選び方


マネジメントセミナーは、さまざまな種類のセミナーがあるため、次の基準を参考にして選んでみてください。

目的に見合う講座を選ぶ


マネジメントセミナーの講座のカリキュラムはさまざまです。そのため、自分の目的に見合う講座を選ぶようにしましょう。

・リーダーシップ講座


マネージャーは、チームで成果を上げる責任を担っています。チームで成果を上げるためには、リーダーシップスキルやコミュニケーションスキルを向上させていき、部下のモチベーションを上げることが必要不可欠です。それには、リーダーやマネージャーの役割とは何かを的確に把握しておかなければいけません。リーダーシップ講座では、マネージャーの役割を明らかにして、成果を上げるためにはどうすれば良いのかを学ぶことができます。

・ビジネス情報活用講座


現代の日本は情報社会となり、膨大な情報の中から本当に価値ある情報を発見しなければいけません。さまざまな情報から、トレンドを見出すことは簡単なことではありませんが、複数の情報から法則性を見出して、自分で仮説を立てていくことで、将来の変化を予測することができるようになります。ビジネス情報活用講座では、情報収集の方法から仮説の立て方を学ぶことができます。

・リスクマネジメント講座


新規事業が必ずしも成功することは限りません。近頃では、企業の不祥事も発覚していますが、このような問題が起こった場合に迅速に対処することで信頼を得ることもできます。そのため、起こりうるトラブルを想定した予防策、初期対応、その後の対応策を考えておくことも大切です。マネジメントセミナーでは、このようなリスクマネジメントのカリキュラムが含まれていることもあります。

・プランニング実践講座


事業価値を最大化するためには、綿密に練られた事業戦略が必要不可欠となります。事業戦略は、市場動向や時代背景から仮説を立てて、必要な条件を明確にして、継続的にPDCAを行っていかなければいけません。プランニング実践講座では、実際に新規事業を立ち上げる際のプランニング方法を体験できる講座などが用意されています。

・コンプライアンス講座


取締役は、会社法で権限と責任等が規定されており、これらを正しく理解しなければいけません。会社役員は、法律が定める経営の効率や機動性を高める仕組みを活用して、コンプライアンス経営と適切なリスクマネジメントを実践していき、企業価値を向上させていくことが求められるのです。そのため、役員に当たる方は、会社法・金融商品取引法・独占禁止法・労働法などの理解が必要な法的知識の体得も必要不可欠となります。コンプライアンス講座では、このような法に関する知識を学ぶことができます。

主催者に応じて選ぶ


マネジメントセミナーの案内では、その主催者の実績や講師の経歴が記載されていることがあるため、必ず目を通すようにしてください。
マネジメントセミナーでは、ロールモデルとなる主催者に巡り合うことができれば、どのように目標に到達すれば明確化されていくため、企業成長を加速させることができます。そのため、主経歴や実績を確認して惹かれる相手かどうかで参加を判断してみましょう。
実績が豊富な主催者であれば、失敗した管理職や成功した管理職の事例など具体的な情報も提供してくれるはずです。

著書の信頼性と評判で選ぶ


インターネットで情報収集ができる時代となりましたが、今でも書籍は信頼ができる情報源として位置づけられています。そのため、主催者の講師が著書となっている専門書が販売されている場合は、起業の講師として信頼のおける人と考えても問題ないでしょう。
しかし、自費出版で誰でも書籍を出版することはできてしまうため、その書籍を読んだ人の口コミや評判を確認してみましょう。

セミナーの開催頻度や規模で選ぶ


定期的に開催されていて、参加人数も多いマネジメントセミナーであれば、有益な情報が得られる信頼におけるセミナーと捉えて間違いないでしょう。何度も開催しているセミナーは、都度、講座内容をブラッシュアップしているため聞きやすいものが多いです。しかし、大規模のセミナーが必ずしも良いとは限りません。
少人数のマネジメントセミナーであれば、講師の方に質問できる機会の場が得られやすいです。そのため、現状、マネジメントに関する悩みを抱いていて、誰かに相談に乗ってもらいたいと思っている場合は、少人数制のセミナーをおすすめします。