始める前に確認、在宅副業のメリット・デメリット

副業

副業と聞くと在宅でできるものを想像しますよね。
事実、内職という言葉があるように、副業の代表的存在として在宅ワークは強い人気を集めています。

在宅副業にはメリットもあれば、デメリットもあります。
今回は、そんな在宅でできる副業が持つ特徴についてご紹介します。

在宅副業にはどのようなものがあるのか

メリット・デメリットについてご説明する前に、そもそも在宅でできる副業としては、主にどのようなものがあるのか、簡単にご紹介していきましょう。

スキル不要!簡単なお仕事系

まずは、インターネットさえつながれば誰でもできるタイプのお仕事になります。
単価こそ少額ですが、空いた時間をお金稼ぎに使えるため、特別なスキルを必要としないのが魅力の一つです。

具体的には、クラウドソーシングサイトのデータ入力、リリース前のアプリレビュー、企業が用意したアンケートに答えるアンケートモニターなどが挙げられます。

得意分野を仕事にする職人系

副業を始めるにあたり、それなりに専門性を必要とするお仕事になります。
手先の器用さや商業的な意味での文才、本業に関連する知識の提供などが挙げられます。

具体的には、プログラミング、デザイン、ハンドメイド作品のネット販売・ライティング・写真や画像の販売・不動産や車などの取引に関する相談といったジャンルが挙げられます。

モノやお金を扱う商売・投資系

実際に何らかのモノを売買したり、仮想通貨などに投資することも、広い意味では副業となります。
インターネットを使って在宅で行うものであれば、せどりやオークションなどが挙げられます。

投資なら幅広い品目がありますから、通貨や株などの取引も含まれます。
また、取引形態もFXやバイナリーオプションなど、個々人の二―ズによりさまざまです。
これらの取引もPCを介して行えますから、在宅でできる副業の一つとして考えられます。

在宅副業のメリット

続いては、在宅でできる副業のメリットについてご紹介していきましょう。
普段の生活に影響が少ない点で、何らかのメリットを感じる方が多いようです。

人と直接接する機会が少ない

在宅での副業は、基本的に自宅で一人黙々と行うお仕事になります。
そのため、人と顔を合わせる機会が本業に比べてかなり少なくなるというのは珍しくありません。

日常的に電車通勤をされている方であれば、少なくとも副業を土日の休みに行う場合、外に出て電車に揺られる必要がありません。
平日休みの方なら、より恩恵を感じられるはずです。

時間的にゆとりがある

副業は自分自身が行動しなければ何も始まらないため、実際に副業を始める場合は自己管理能力が問われます。
しかし、納期があるものを除いては、副業にかけられる時間のスパンにはゆとりがあることから、自分のペースで作業を進められます。

ネット環境さえ整っていれば、いつでもどこでもできるというのは、かなり恵まれた環境と言えるでしょう。
自分主体でスケジュールを立てるのは、思いのほかくせになるかもしれませんよ。

家族との時間を増やせる

意外かもしれませんが、在宅で仕事をしている場合、家族との会話が増えます。
休日は家でゴロゴロしているという方も少なくないと思いますが、これが自宅で家族の見ている前で仕事をするようになると、思いのほか家族の目線が変わります。

また、何気なくコミュニケーションを取る機会も増えるため、休みの日に寝過ごしたり一人で出かけたりするよりも、はるかに有意義な時間が過ごせるのです。

特に、小さな子どもはやはりお父さん・お母さんが側にいるのは何となくうれしいものです。
一緒にいる時間を増やすことで、自分自身も満足感を感じられます。

在宅副業のデメリット

このように、自分主体で行動できるというメリットを持つ在宅の副業ですが、副業ならではのデメリットも存在します。
デメリットを理解したうえで活動することこそ、副業をしっかり進めていくための方策と言えるでしょう。

仕事がいつもあるとは限らない

これは副業あるあるかもしれませんが、投資などのように自分のお金を動かしたりする場合を除いては、基本的に望んだタイミングで仕事があるとは限りません。
そのため、一時的にお金が稼げないというケースに遭遇することも。

副業の収入をあてにしていると、思わぬところで収入が途絶えることも十分あり得ますから、家計の予算を立てる際には注意が必要です。

信頼関係を築くのが難しいジャンルもある

クラウドソーシングを使う場合はよくある話ですが、直接顔を見てやり取りをしているわけではないので、ある日突然連絡が途絶えることもあります。
今まで普通にやり取りしていても不通になることがあるため、しっかりチャットの文章を確認して、相手方が信頼できる存在かどうかをチェックしておく必要があります。

しかしその反面、クオリティの高い仕事を継続して行っていると、クライアントがこぞって発注するというケースは珍しくありません。
一つひとつの仕事を大切にすることで信頼関係が生まれるのは、どの仕事でも同じなんですね。

システム手数料が意外に大きい

副業をクラウドソーシングサイト経由で行った場合は、システム手数料の支払いがネックになります。
使用するサイトにもよりますが、売上の10%〜25%というお金を持って行かれるため、結果的に手取り額が大きく減少するというのは珍しくありません。

収入を計算する場合は、手数料を差し引いた金額での計算を想定する習慣をつけておきましょう。

まとめ

在宅でできる副業が持つメリットとデメリットを考えてみると、仕事とプライベートとの「距離感」が、一つのキーワードになるのかもしれません。
家族との距離は近くても、クライアントとの距離が遠く感じるため、長く続けることに不安を感じるかもしれません。

しかし、クラウドソーシング一つとっても、利用する側も同じ「人間」であることを忘れずに仕事に取り組んでいれば、必ず評価される時期がやってきます。
メリットとデメリットを理解したうえで、後悔の無いように副業と向き合ってくださいね。