定番オークションで副業、ヤフオク!

副業

ヤフオク!(Yahoo!オークション)は、不用品の売買に特化した、老舗のフリーマーケットサービスです。常時6000万品以上の出品数で、日本最大級のネットオークション・フリマアプリを掲げています。

仕事内容

家にある不用品を出品します。商品の種類は、文庫本やマンガなどの書籍、CD・DVD・ブルーレイ、衣類、おもちゃ、などの小物から、テレビや本棚やパソコンなど大型の家具・家電類まで、幅広く出品できます。

商品を写真撮影し、商品の説明、商品の状態、商品のサイズ、発送の方法、発送までの時間、送料の有無、販売形式、販売価格などを自分で設定します。販売形式では、入札形式にするか、即決価格に設定するかを選びます。 商品の説明については、誰が読んでも分かるように、簡潔かつ、できるだけ詳しく書き込みます。ヤフオクで買い物する人が検索するキーワードが、なるべくタイトルや説明文に含まれるようにします。型番がある商品は、型番まで入れておきます。

商品が売れた場合、落札者へお礼と、商品代金の振込先、こちらの氏名や住所などの連絡をします。落札者から先に連絡があることもありますが、できる限り早く連絡するとよいでしょう。最初の連絡は「連絡先、支払い、発送などについて」にチェックを入れてメッセージを送ります。

そして、配送までの時間内に、梱包した商品を発送します。郵便局の配送サービスやクロネコヤマト宅急便、またコンビニエンスストア(ファミリーマート)からも発送できます。また、家電・家具などの大型物の発送や、自宅集荷にも対応しており、気になる配送方法について大変便利なシステムになっています。すべての取引が終わったら、最後に落札者の取引対応について評価します。

対象

職種や性別は問いませんが、時間がある方に向いています。不要品を出品したり、商品が売れたかどうかこまめにチェックできる方、梱包・配送する時間の取れる方が向いているでしょう。具体的には、専業主婦の方や、学生さんなどがよい適しているかもしれません。

必要なスキル

特殊な知識やスキルはいりませんが、出品する商品について知識があることや、写真撮影がいわゆる盛れること、価格づけが上手なこと、商品のクレームにうまく対処できること、丁寧な梱包ができること、確実な発送ができることなど、バランスのとれたスキルと人間性が求められます。その意味では、熱意があって丁寧でマメな方がより向いていると思われます。

  • 出品する商品について知識がある
  • 写真撮影がいわゆる盛れる
  • 価格づけが上手
  • 商品のクレームにうまく対処する
  • 丁寧な梱包
  • 確実な発送

逆に言えば、商品の説明が不正確・不十分であったり、商品にキズをつけたり、発送をうっかり忘れるなど、着実性の優れていない方はあまり向いていないかもしれません。こうした場合、ユーザーが主体となって一切の責任を負うシステムのため、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性すらあります。

また、同様のサービスであるメルカリと比較すると、落札システムになっている分、値引き交渉の手間が省けるのは利点でしょう。

不用品の売買で稼ぐ、メルカリ
副収入を得たいと考えた時に、誰でも簡単に始められるのがメルカリなどで不用品を販売することです。メルカリは、ユーザー主体参加型(CtoC)で不用品の売買を行う、いわゆるフリーマーケットのネットサービスです。本記事ではメルカリに必要なスキルや目指せる月収を解説します。

目指せる月収

売り上げは単純に出品した商品数の売れ行きに比例するので、高価な商品が売れれば売れるほど、売上高は上がっていきます。ヤフオク!を含むフリーマーケットで安く買い取った品物を高く売って利ざやを稼げば、月収10-30万円もあり得るでしょう。そこまでいかなくとも、副業として月収1-10万円程度は可能でしょう。

大事なことは、商品の適切な価格設定に必要な目利きと市場の価格調査になります。気になる手数料は10%ですが、Yahoo!プレミアム会員(月額462円)の場合は8.64%に割引されます。また、商品の市場価格を調べる際、「オークファン」に別途登録すれば、 過去の落札価格を調べることができます。

始めるまでに必要な時間

Yahoo! JAPANにIDを登録し、Yahooかんたん決済の受取口座を登録します。ジャパンネット銀行を選んだ場合、手数料0円になったり、Yahoo! JAPANカードを使えば、月1回だけかんたん決済の手数料を無料にできるようです。プロフィール登録を合わせても、かかる時間は30分-1時間程度で、比較的すぐに出品作業に取りかかれるでしょう。

PC向き・スマホ向き

ヤフオク!の利用者割合は、PCが42%に対して、スマホ58%であり、ややスマホ版の利用者が多いです。機能にはそこまで差がありませんが、やはりスマホ版は商品の写真がすぐアップロードできることで利便性が高く、人気があるようです。

プライバシー性

気がかりなのは、配送先の相手に名前や住所が知られてしまう可能性についてです。ヤフオク!では2017年から、ゆうパック配送において匿名配送のサービスが始まっています。このサービスを用いれば、配送先に名前や住所が知られることはなく、プライバシー性は保たれているといえます。

注意点

不用品を処分する手段として、ヤフオク!などのネットオークションを活用している人も多いでしょう。ですが、ネットオークションでの取引は便利な反面、多くが個人対個人の取引となることからトラブルに発展する事態も多いようです。 また、ネットオークションのデメリットの一つとして、「送料がかかる」ということがあります。小物ならともかく、大型配送の場合、安くない送料が戻ってこないリスクもあるということです。

このような事態を避けるべく、取引の際に「ノークレーム・ノーリターン」とさえ注意書きを書いておけば大丈夫と思う方もいるようですが、決してそんなことはありません。重要な情報を記載していなかったり、相手側から「錯誤による無効」や「隠れた瑕疵」などの理由をつけられて、返金や損害賠償などの請求される可能性さえあるのです。

この場合、事務局を含めた第三者によって、当事者のどちらに非があるかを判定することは案外難しく、原則としては当事者同士の話し合いに解決が委ねられることになります。よって、無用なトラブルは事前に回避するためのテクニックや心構え、場合によっては法律の知識も必要となります。こういったトラブルを防止するためには、やはり商品の説明文や取引条件をしっかりと丁寧に記載することが重要になるようです。